投資を抑える事が勝つ事、ではどうすればいいのか? | 店すら教えるパチスロ生活術


■全記事リンク付き案内記事■
http://pinkterahosisu.jp/blog-entry-164.html アクセスランキング

ホーム > 立ち回り > 投資を抑える事が勝つ事、ではどうすればいいのか?

 | 全記事一覧 | 

投資を抑える事が勝つ事、ではどうすればいいのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より良い情報をお届けする為1クリックお願いします!




パチスロでは当然設定6をツモるかハイエナするかでしか
継続して勝つ事は難しいですが、

設定狙いの場合、6をツモる事と同じレベルで
投資を抑えるということが重要になってきます。

今回は現実的にどうやって投資を抑えていくか、
僕の考え方を説明します。

参考にしていただければ幸いです。




















■Atypeの反応しない設定6は捨ててしまってもいい


エヴァなど、小役で大きく差がある台ならまだしも

特にジャグラーシリーズは反応しなければ
ヤメたほうが無難だと思います。

まだ可能性はあるレベルでも、
ぶどうが悪かったり単独バケも足りない、
そもそもボーナスが良くない

そんな場合に設定6だったというケースは
長い間専業をしてきて一度も無いです。

もちろん実際には度々あるのでしょうが
そんなケースを想定して毎回さすがに無いだろというところまで回すと
運が無い時にはAタイプだろうとしっかり2~3万いかれてしまいます。


僕は確率的にはまだ分からないケースでも経験上無いならヤメてしまいます。
例えばマイジャグで
ぶどうが1/8で300回転当たらなかったらもうヤメていいと思ってます。

ジャグ系の設定判別はしっかりしようと思ったら難しいので
それくらいのもんだと思っていたほうが気が楽です。

確かに期待値的には、
あと100,200回したとこで期待値的にはほとんど損しません。
例えばマイジャグの設定1を10000回転回しても
2万程度しか負けないはずですが、
それは確率通り引けた場合の話です。

リスクを考えると早くヤメるに越したことはないのです。



期待値どうこうといっても別に何か期待値をストックしてるわけではないので
失ったお金はそれはただもう失ったお金なのです。


とにかくリスク回避というのはすごく大事で
結果的に毎月大きく勝つ事に繋がってくると経験上僕は思っています。


粘ってもいいパターンは
最初ボナ合算が良くなくても、
単独バケやぶどうがすごく良かったりと、
どこか突き抜けた点がある時、
しかしそれでもマイジャグなんかは
2万以上はよっぽどじゃない限りお金は入れないようにしています。

これはマイジャグの場合、全6のデータを何件も見た結果、
ほぼ全ての台が2万以内に持ち玉になって
終日終えるという事が分かったからです。

設定4,5は捨ててもいいので考慮しません。
そこまでフォローするとかなり回さないといけなくなるから
時間の無駄だと僕は考えています。

また、1/200の合算が1500回転くらいで急に連荘し1/120以上に戻るといったパターンも
確かに見ているとありますが(6かどうかは分かりません)
それを狙って打つのはリスクが大きすぎるのでヤメたほうが良いということです。


■サンダー以外のアクロス系の機種は危険

なぜ危険かというと

通常時の小役に設定差があまりない事
ビッグを引かないと判別できない機種(ハナビ等)がある
ボーナス確率が6でも重いのでボナ確だけで判断しにくく引っ張られるケースがある
機械割100%近いといっても下ブレると手に負えないほど負ける
6の機械割が低い

といった事が挙げられます。
例えばハナビは
ボナ確が重いので当然先ほどのジャグラーのやり方をすると
6を捨てる可能性が上がります。

しかしながら、通常時の小役にも設定差が少なく
とりあえずビッグを引いて、
RT中のハズレとリプレイの比率を見ていくか
ボーナス中にハズレを引くかしか綺麗なヤメ時が無いので
長時間打たされたり、投資がかさみやすいのです。

さらに機械割がそもそも低いので
5や6でも全然当然のように負けます。

なので低設定も出せる猛者じゃなければ
打たない方が無難な機種だと思います。

もし打つとしても400回して
当たらなかったら捨ててもいいからヤメるくらいの
ノリでいくのが良いと思います。
低設定が甘いという神話を信じて打つと死にます。

ちなみに僕は今月5以上と6を打って10万負けています笑
(コーナーと発表アリなので設定の信頼度は高いです)







■ハナハナだけは腰を据えて打つ

ジャグとは違い、ハナハナだけはある程度粘ることをオススメします。
もちろんベタピンの店だとキツイですが
中間もある程度はいっている店であれば理想は2000回転様子を見たいところです。

ハナハナは経験上、序盤はボナがついてこないパターンも多いからです。
なので、ボナ中のスイカや通常時ベルを見つつ
2000回転までに良くならなければヤメるといった感じで僕は打っています。
まぁあまりに当たらなかったらすぐヤメちゃうこともありますが・・・
6でも全然ありえる、ということだけは意識して、捨てる覚悟は必要な台だと思います。

また、ビッグ中にスイカが全然来なくてもビッグ5,6回程度だと
確実に否定はできないのも怖いところです。
ボナ合算が56並みに良ければ続行しておいたほうがいいかもしれません。

とにかくハナハナは難しい台なのです。



■ART機種は判別可能な台を選ぶ


判別にお金がかかりすぎる機種
判別要素が少ない機種
機械割が低い機種

こういった機種はやはり座らないことが大事です。
高スペックの番長3とかなら別ですが、
バジ3なんかはあまり打たない方が無難かと自分は思っています。

とにかく1万使っても何も分からない様な機種というのは
危ない機種なのでよほどの事が無い限り座らないと決めています。











■昼過ぎ以降の勝負は慎重に

昼過ぎ以降に座る場合、6だったとしても打つ時間が減るので
長い目で見ると期待値は減ります。

時間が経てば経つほど、
ホールの内容的には同じ条件でも朝より期待値は下がるので
朝一ハズしたら、リスク回避の意味も含めて、
朝一と同等以上の条件の台以外は座らない事が理想です。




■出なかったらヤメる

6だったら大体低投資で当たるものです。
初当たりが重めの凱旋なんかは別ですが
少なくとも打った6の半分くらいは1万使う前に持ち玉になる事が
収支表を見返すと圧倒的に多いです。
そういう観点から、
もう出なかったら縁が無かったと思ってヤメるのも
アリだと自分は思っています。

判別要素が強めなら別ですがイマイチであれば問題は
無いのではないかと思います。

機械割も判別要素の1つですしね。







■少しでも店が怪しければその日は打たない

結局パチスロは店次第なので
店がやる気が無いと判断したら早めに撤退したほうが
長い目で見ると収支が良くなると思っています。

例えばいつも全リセなのに違うとか、
メールがいつもより弱いとか、
機種6で当たり台が見えてない機種が多いとかなどです。

別にその日座れなくても
また今度チャンスはあるので無理する必要は全く無いのです。

焦ったり、無理に期待値を追ったり、熱くなったりは
設定狙いにおいてのパチスロは安定しません。

今日ツモれなくても明日があるから別に良い

そういう感覚でリスクを回避し、
6をツモっていくのが大事だと思います



だーっと思っている事を書いたので
読みにくい文章になってたらすいません。

人によって考え方は様々なのでこれが正解!とは言えませんが
少なくとも僕はこういった考え方で確実に勝っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より良い情報をお届けする為1クリックお願いします!





関連記事

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

最新記事

カテゴリ

プロフィール

くも

Author:くも
設定狙いでの勝てる立ち回りだけでなく、
実際の神奈川の店情報をどこよりも
詳しくお伝えしています!

たまに仮想通貨についても更新します笑

■Twitter→https://twitter.com/kumo77777
ID→kumo77777


■LINEサービス
全体公開では書けない内容を配信中です。
無料です。
限定公開記事のパスワードもこちらからになります。

★登録URL★
https://line.me/R/ti/p/%40aub6817e
友だち追加
よろしくお願いします。

月別アーカイブ

最新コメント

スポンサードリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

気が向いたら投票してみてください!

リンク

ブロとも申請フォーム

RSS