設定5を捨てていく理由とは? | くものパチスロ専業雑記
FC2ブログ

くものパチスロ専業雑記
>

ホーム > パチスロの勝ち方・破 > 設定5を捨てていく理由とは?

 | 全記事一覧 | 

設定5を捨てていく理由とは?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より良い情報をお届けする為1クリックお願いします!

どうもこんにちは!
前回の記事で色々調子こきつつ
大負けしてひよってさっそく次の日ノリ打ちしたくもです。

どうも!


ちなみにとある全6コーナー、とある全56コーナーを二日間打ち
180000円負けたくもです。

どうも。

ここまでヒキ弱すぎるのは初めてでほんと困りますね。

早くハナビで万枚出ないかなぁ(願望)


さて、そして全56なんですが、自分の台は恐らくとある爆裂AT機の5でした。


この設定5、実際どの機種も機械割はありますけど
結構負ける事多いんですよね。

Atypeでも例えば北斗のやつとか、
終日打って4万負けたりとかあるんですよねやっぱ。
いくら勝率は下がるといっても大負けも珍しくないのが怖いところ。

6を打ったことのある機種の5を打つと
6とは圧倒的に違うというのが感覚的に
分かりますし、実際機械割も離れてる機種が多いです。

が、
本当に5確定レベルであれば

期待値があるから巡りあったら打つのが正解にはなります。

でも座れてからが勝負、
本当に安定はしない設定、

それが設定5です。



皆さんは設定5の可能性がまだある台、打ちますか?














■僕は打たない!!!!


設定5かもしれない、
そういう台は5でもいいのでヤメることに決めています。(全台系は別です)

なぜそういうスタイルなのかというと


オールコーナーやブログ等で発表があるとかならまだしも
設定なんて分からない、といのがまず念頭にあるからです。

打つのは5と6の可能性がまだある、
といった時や全56コーナーといった他の挙動が見れる時のみです。

もしかしたら、
5も拾っていく方がトータルの期待値は高いケースもあるかもしれませんが、
自分は収支をなるべく荒らさず安定して勝つという事も
大事にしているので
むやみに5狙いはしないようにしています。





■5をキッパリ捨てる事によって見切りを早くできる


偶数奇数が分かる絆などはまさにそれです。
奇数濃厚であればその時点でやめれますから
低設定を長く打たないですむのがもっとも5捨ての
メリットだと思っています。


もし5だとしても、
大負けするかもしれないレベルの、運要素の強い勝負になりますし、

それなら低設定のリスクを回避する方が
現実的にはより実戦的で、安定するはずです。


期待値に固執しすぎると、設定狙いの立ち回りは
自分の首を絞めるケースが確実にあり、
それがその1つだと個人的には思っています。



ちなみに絆は最近は2ベースの店も多いので
その場合は奇数割れは逆に6の可能性が上がるので
注意が必要です。




■機械割は信じない方が良い

実際のホール割と公表機会割は結構違う場合が本当に多いので

そういう点でも5は危ない、4なんて相当危険な機種も多いと思います。

また、
さっきも書きましたが低設定を長く打つのを避けるというのは
低設定の機会割も公表値と違うといったパターンが多そうだからです。

もしくは低設定の割は全くもって個人では収束しない、というべきでしょうか


つまり、機械割より圧倒的に負けるものなのです。

昔、7年くらい前に一年間、


6じゃなかった時の回転数と収支を全てつけたことがあるんです。

結果は機会割93%でした笑

この頃は状況が今より全然良くて、
グランドなんかには行かないで

6発表のある店や強い機種6の店でしか打っていないので
低設定の誤爆を6と勘違いするというのはまずありえないです。


さらに全てが完全に1だったかというと偶数挙動や
45ありそうな台も含めての93%なので
こんな低いのかーと驚いた記憶があります。




もちろん、
これは下ブレなんだろうとは思いますが、
月に20日以上打ってる設定狙いの人が一年間低設定を打っても
収束しなかったというのは事実です。






なのでこの低設定を打つのを少しでも避けるために
設定5は捨てていく、
というのが自分のスタイルになったわけなのです。

どういうスタイルで打つか?
人によってさまざまだと思いますが
自分の場合はこういう感じが
性に合っているようです。

最後までお読みいただきありがとうございました!
それではまた!


ブログランキング参加中!!
1回だけでいいので押して貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
ブログ存続の為にお願いします!!!

























関連記事

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック