FC2ブログ
店すら教えるパチスロ生活術 ホーム » スポンサー広告 » パチスロの勝ち方 » 後悔の無い勝負をしよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔の無い勝負をしよう!

その台を打つか打たないか、

迷う時はあると思います。

そういう時はその台で例え負けたとしても後悔するか

一切後悔しないか、

を考える事が大事だと思います。

今回その違いについて書きたいと思います。



1クリックだけでいいのでお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
なにとぞワンクリックお願いします!!!!











■後悔しない勝負とは?


ハイエナであれば期待値がしっかりあるのでよほど安い台を打たない限りは
後悔はしないと思います。


これは後悔しない勝負の代表例だと思います。



つまり、
当ブログでも何度か書いていますが、
透明感のある勝負をする、ということです。

いい例と悪い例を作り説明しますと


例A
Q:各機種に1台6が入る示唆の店で、6台島のシスタークエスト3が空いていた。
しかし、シスタークエストの島はガセがあるのか判別が難しいからか、
見つからない事も多い。
打つべきか?








A:これは打つべきではないです。
もちろん6が入っている事もあるでしょうが、
もし負けた場合、ハッキリ高設定か低設定か分からず
ボンヤリした状態のままダメでやめる、
というパターンが多そうな機種であることがまず1つ、
そしてシスタークエストは機械割も低いので無理して打つ機種では
ないということ、
さらにガセかもしれない可能性というのは常にどの店でもありえるので
確実な信頼がおける店というのは基本的に無いと思っておくくらいが無難でしょう。

ツモれなかった場合、あるのかないのか分からない悲しみに暮れ
全く意味の無い勝負(期待値の無い勝負)をしてしまったと思う事になるので
これはオススメできません。
いくら機種6といえど、判別ができる機種なのかどうかと機械割には
注意が必要です。




例B
Q::特定日に高設定が入る店でデータを取り、
狙い台を絞った。自信はある。
機種はまどか2。
しかし、この店は毎回6かどうかは分からないし、
特定日はガセというか
全く出ていない時もある。
打つべきか?











A:これは打つべき!
仮に4や、入ってなかったとしても自分のデータがあるのならそれは問題は無いです。
データといっても、いつもカドが出ている、とか、
そういうものだって別にいいと思います。

それで3日に1回座れれば何の問題もありません。

そのツモった時に、6かどうか判断していけばいいはずです。

気がかりなのはまどか2の機械割が6でも110%と低い事で、
もし高設定に座れても6でなければ、
ツモ率によって今後有効か否かを判断する、
という押し引きが重要になってきます。










例C
Q:LINEでいつもより煽った内容の告知が来た。
並びはそれなりにある店で、
絆の6確やきゅうべぇを見た事もある。
しかしダメな日もあるし、台数はどれも10台以上なのが難点。
打つべきか?









A:打つべきではない。
6があったとしても、自分が座れないのならそれは無いのと同じです。


台数が多ければその分トータル的な期待値は下がるので
美味しくありません。


また、配分が不透明なイベントだと
仮りに座った機種にいい台が見えても

自分の台も多少は回さなくてはならなくなったり
中間しかなかったりとダメな場合、どうしようもなくなるパターンに陥ります。



事前のリサーチで圧倒的に出す店なら別ですがそれ以外では
こういうやんわりした示唆の無い煽りイベントは行かない方が無難です。




100回同じ店の同じ内容で打ったと想像し、

大きく勝てる見込みのある店だとスッキリ思える店で
打つべきなのです。







Q:全6コーナーのある店で予想は絞れないので
とりあえずもし全6なら美味しい絆に座る。
パチスロの島は10島ある。
これはありかどうか?










A:無しです。
全6のいい点は周りの台もみつつ判別できるので
ダメそうな時、ヤメが早くできるということですが
1/10だということを考えると全然良い立ち回りではないと思います。


絆を良くやる、というなら話は全然変わりますが
そうでない場合、
まず119%はやらないと考えると、単純に1/10よりもっと
悪い確率かもしれません。

もちろん全6が絆、ということもありえますが
長い目で見れば良い立ち回りとは言えないでしょう。

ちなみに全6コーナーの店では根拠が無い場合、
朝打たずに見が基本です。






つまり、
打つ前の時点で期待値が見えるかどうか?


それが後悔しない勝負

ということになります。




お金は大事なものなので

「6かもしれない」

で打つのではなく

「6じゃなくても後悔は無い」



という
長い目でみれば勝てる台選びを心がけるのが
大事です。



それではまた!

ブログランキング参加中!!
1回だけでいいので押して貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
ブログ存続の為にお願いします!!!


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pinkterahosisu.jp/tb.php/27-77c53d63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。