FC2ブログ
店すら教えるパチスロ生活術 ホーム » スポンサー広告 » パチスロの勝ち方 » パチンコで稼ごう!①~釘読みの前に知るべき3つの問題~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコで稼ごう!①~釘読みの前に知るべき3つの問題~



ブログランキング参加中!!
1回だけでいいので押して貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
悩む前に押してください!!!!!!!!



今回はそういえば書いてなかった
パチンコについての記事です。


僕も友達から聞いて学んだ事が多いので
偉そうには語れませんが、

逆に言うとパチンコの方が
パチスロよりも勝ち方の入り口は
狭いのではないか?と思い
書いてみる事にしました。




パチスロの保険にパチンコがしっかり打てる様になると
立ち回りの幅が大きく広がるだけでなく
期待値獲得についてシビアな考え方が身につきます。

パチ専業がスロット打つと判別が下手糞でgdgdって事もたまにありますが
期待値をひたすら自己算出し追うという事においてパチンコは
いい訓練、考え方の足しになると思います、

これを機にちょっと覚えてみてはどうでしょうか・・・!



ということでいってみよー




■回る台が勝てるのは分かるがどれが回るか分からない。


まずオカルトは論外として、
勝つ為のロジックとしては
設定があるものを除けば現状回る台、

いわゆるボーダーより多く回る台を打つしかありません。

これだけだとパチスロの様に見えない設定を追うのではなく

見えてるものを追うので簡単そうに見えますが

いざ入店して、どの台が回るか、

分からないから困っている人が多いでしょう。

当たり前ですが最初に躓く場所ですね。

で、
釘が分からない場合、
試し打ちする事になりますが
回らなかった場合、期待値的にはその分マイナスになっていきます。


そして、
例えば運よく3000円でボーダープラス1回る台を見つけて

じゃあプラスか、というとさらにそういうわけでもないのが実際です。


探し当てた台がちょっと回った、
もしくは1日打っても回ったとしても、
ある3つの問題をクリアしているかどうか、

これがとても重要になってきます。


この辺りのことはたまにパチンコを打つスロ専業も

勘違いしてる人がわりと多いので

まずはそこから説明していきます。


















■問題1:その台ホントに回るのか

いわゆる勝ち方は知ってるけど負けてて
パチンコ好きな人にもっとも多いのが

3000~10000円くらい打って回る

と言うパターンですw
その後満足して回転数を計るのをやめてしまいます。


ヒドイ人だと総回転数も適当だったり
一箱で大体これくらいだから、と言ってきます。
(箱を作って回転数を計るケースはありますが
経験は必要になるので一般的には難しい事です。)


これはもう無意味と言っていいでしょう。


回転数は1万円程度では収束しません。
というか1日打ってもしない事もあります。

かなり回転数にムラがあるので
1万円で400回ったからとか、当たりを貰ったら満足して
回転数を計らないっていうのは意味が無いです。


なので打つ台の回転数はしつこいくらいに計りましょう。

実際には等価の店なら当たっても現金投資します。
持ち玉だと分かりにくいので
それでベースを計るというわけです。
仕事量、期待値の算出についてはまた記事にしますが、
そういう意味でも重要になります。

非等価の場合は一度流して再プレイするか
一箱綺麗に整えてから流し玉数を把握し、先述した箱を作り
計ることになります。



神奈川だと等価が主体なので現金投資か、
換金せずに現金使用が怖い場合は、流しつつ再プレイかやはり現金投資しましょうw

また、1日の現金投資の目安ですが
海なら15万円、それ以外でも10万はあった方がいいでしょうw
途中で流さない場合ですが。


再プレイする場合などはスマホのメモにしっかり玉数を記録し
稼動終了の時に自分の総獲得出玉が把握できるようにしましょう。


余談ですが、パチンコで常にスマホを充電してる集団等が回る島によくいますが
あれは、そういった出玉やベース、期待値を算出する為に
当たった時等にメモする必要があるからですw







■問題2:回転単価を考慮してるのか
とにかく回転数をしっかりずっと計らないと
ダメな台に座リ続けてしまうかもしれないという事が分かったと思います。

そして次は回転単価。

ボーダーについては認知度が高いと思いますが
この回転単価については
あまり語られない事が多いです。


回転単価をいうと難しいかもしれないので
簡単に言うと
ベース1回転あたりの期待値だととりあえず思っておいて下さいw

要するにボーダー22の台が2機種あって

それがそれぞれ25回転回った時、期待値が同じじゃないって事です。


同じボーダープラス3でも10000円稼げる台もあれば
3000円しか稼げない台もありますよって事です。


ちなみに最近の新基準のパチンコは
基本ボーダー高めで回転単価がゴミ糞です^^

人気のシンフォギアなんかも
確かボーダープラス3くらいで1日打って数千円だった気がします。

打った事無いし、1回計算してみただけなんでもう忘れちゃいましたけどw
もしかしたら違うかもしれないw
でもとりあえず打つ価値はなかったと記憶しています。

ともかく、回転単価が低いってのはいわゆるスペックが辛いって事ですね。


現状のパチンコ台で打てるのは
皆大好きCR北斗無双
慶次、海

くらいです・・・w





■問題3:ラウンド中、時短中の増減を考慮してるのか

このラウンド間や、時短中の増減は
必ずチェックしないとダメです。
勝ちたいなら。

これをチェックしてないのに回るからといって打ってると
痛い目みます。

特にGANTSや、モモキュンソードなんかのタイプは
1回の獲得出玉が極めて少ない小当たりRUSHの連荘によって出玉が出る仕様なので
このRUSHの平均獲得が低いとどんなに回ってもマイナスになりますw

恐ろしいタイプです。


それと、
北斗無双が専業から異常なほど好まれるのは
時短中の止め打ちでボーダーを劇的に下げられるからです。

小島よしおになってフルシカトで打つ人もいますが
このブログを読んだからには
リプレイハズシしない、もしくはそれ以下になるので
絶対にして欲しいところです。

止め打ちしないなら打たない方がいいです。
特に最近の状況は寒い事が多いので止め打ちしないなら
緩くハイエナしてたほうがいいです。

最初できないのは誰も同じなので
必ず調べて、しつこく練習しましょう。

北斗無双はそこまで難しくないのでやってれば絶対にできます。

やろうとしない事が悪だと思ってください。
慣れれば液晶見ながらできる程度のものです。



で、大当たり玉数ですが簡単に出せます。

まず当たるたびに有効ラウンド数をメモっておく。

最後流して総獲得玉数を計算する。
(現金投資してた場合にはそのままの玉数、持ち玉を使った場合はその使った持ち玉を足す。)

総獲得玉数÷ラウンド数。
これでOKです。


時短増減はちょっと難しくて
店によってはデータランプで表示されるのでメモればいいだけですが
そうでない場合は
大当たり終了後、上皿を自分で玉の増減が分かるラインまで減らします(払い出し入り口のところなど。)
で、当たった時や時短(確変)終了時に消化した時短ゲーム数と、
ラインから何個増えたかを目視で確認しメモするって感じになります。

例に出すと実際のメモはこんな感じです。

大当たりR/時短回転数/玉増減

6/53/32
16/76/23
16/35/15
16/25/7
6/110/72
141/98(確変終了)

こういう感じで自分で分かるようにメモし
最後に時短の回転数、玉の増減をそれぞれ全て足します。

玉の増減÷時短総回転数。

これで1回転あたりの増減が算出できます。

めんどくさいですが慣れるとこれくらいしかやる事が無くなるので
むしろ楽しみになります。


最初やるなら海がオススメですかね。
海物語は増減といってもひたすら減っていくだけなんで簡単です。







■まとめ


回る、期待値がある、ホントにそうなのかは
今回の問題をクリアしてはじめて分かる事です。

ボーダーよりちょっと回ってるから打ってる、なんて人が
多いんじゃないかと思いますが
それは店もそう思ってくれる様に調整してるケースが
多いです。

趣味なら全然問題ないですが
しっかりパチンコで勝つなら必ず今回の記事は
実践して欲しいところです。

これを踏まえたうえで、
次回は簡単な釘の読み方、
期待値の計算についても
書いていきたいと考えています。

今回はここまで
それではまた!








ブログランキング参加中!!
1回だけでいいので押して貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
悩む前に押してください!!!!!!!!







関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pinkterahosisu.jp/tb.php/246-67df0a3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。