FC2ブログ
店すら教えるパチスロ生活術 ホーム » 仮面ライダーBLACKで学ぶはじめての仮想通貨 » 第10話:創生王の秘密、光太郎覚醒!

第10話:創生王の秘密、光太郎覚醒!


◆前回までのあらすじ

パチスロで負け組の光太郎は
旧友シャドウムーンの導きにより億り人になって人生一発逆転を狙う。

しかしシャドウムーンの紹介でアルト三神官により時価総額上位の通貨の説明
を聞いていた最中、
仮想通貨の暴落を目の当たりにし、希望と夢は打ち砕かれていった。

さらに追い討ちをかける様に借金をしていた冷酷非道の金貸し霞のジョーから
返済の目処を聞かれ、
まさに絶対絶命の状態に陥ってしまうのであった。




ブログランキング参加中!!
1回だけでいいので押して貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
悩む前に押してください!!!!!!!!




























第10話:創生王の秘密、光太郎覚醒!


















que-10106029150光太郎
「で?光太郎ちゃん、金はどうなのよ?

無口じゃ分からないけど?」








光太郎はゴルゴムの秘密基地で
今まさに糞尿を漏らす寸前であった。

霞のジョー、
光太郎は昔、彼とパチンコ店で知り合い
共にGAROを嗜んだ仲であったが
彼がホラーより恐ろしい人物であることを知ったのは
金を借りた後であった。








くそお!光太郎
「ま・・・待ってくれジョー・・・」


光太郎本とかその話
「俺はもちろん仮想通貨で億り人になるつもりだ!

その暁には借金どころか、黒ギャル白ギャル10人くらいつけて返すつもりだぜ!」
















光太郎ジョー3
「・・・・・・・・」













なんだこれは!?光太郎

「ダ、ダメか!?じゃ、じゃあ女子大生はどうだ?

しかもFカップだ!」



















光太郎ジョー3
「・・・・・・・・」




















なんだこれは!?光太郎
「じゃあ女子高生ならどうだ!?
装備する靴下はジョーの好きなのでいいぞ!?」

















光太郎ジョー3
「・・・・・・・・」














なんだこれは!?光太郎
「じゃあ、まさかとは思うが女子中学生とか・・・?」























光太郎ジョー2
「・・・いいね!!」










引き釣り気味笑顔光太郎
「良かった!」





ビシュウどうするの光太郎
「良くないわよ・・・・何の話をしてるの・・・
山口メンバーもビックリだわ・・・」





baraomu光太郎
「大体ジョー、光太郎は仮想通貨をもうやめると言っていたんだぞ
貴様に借金を返すどころか海外逃亡も企てていた」



光太郎ジョー3
「・・・・・なんだと!?」







なんだこれは!?光太郎

「そ・・・そんな訳ねーだろ!!!
そうだ!
このゴルゴム基地ではガチホをしやすくする為だか知らないが
時間の感覚がおかしくなる装置が設置されてるんだ!
こいつらが俺を閉じ込めたせいでトレードができずもう6月だ!

こいつらのせいで借金が返せないかもしれん!」



光太郎ジョー
「なにいいいい

それは困るな!

仕方ないから面倒だけど殺しちゃうか!!!!」



嫌がるようなセリフとは裏腹に
HANABIでレアなリーチ目を出したような表情
ジョーはその瞬間残像となった。






ビシュウどうするの光太郎
「!!!!?????」
baraomu光太郎






















爆発光太郎




なんだこれは!?光太郎
「こ・・・これは・・・」


ビシュムとバラオムは一瞬にして爆炎に包まれ
手品のように姿を消してしまった。




光太郎ジョー2
「ストレッチにもならなかったな」


なんだこれは!?光太郎
「お、おい、殺しちまったのか!?」





光太郎ジョー
「その通り!
と言いたいとこだがヤツら幻影だったみたいだな

本体は別のトコにいるみたいだ。

ロマサガ3の四魔貴族みてえなもんだ!

とにかくヤツラの力が消え去ったってことは
この基地もぶっ壊れる。

早いトコずらかろうぜ!」



なんだこれは!?光太郎
「あ・・・あぁ・・・」








爆発光太郎




基地は燃え盛り2人は久しぶりの
地上の空気を吸い込んだ。





















光太郎ジョー2
「さて、やつらからも逃がしたし、
しっかり借金返してもらうからな光太郎!」



幸太郎いい感じだ!光太郎
「あ・・・あぁ、任せてくれよ
俺には億り人の下僕もいるし間違いなく勝てる!」



「あ~こんなとこにいた!」



燃えゆく基地を背景に会話する2人に
女性が声をかけた。


光太郎ジョー
「セーラ!」



彼女はジョーのアシスタントであり、元婚約者であった。




「次の仕事が待ってるわ!
友達の光太郎さんが気になるのは分かるけど
仕事優先よ!」



光太郎ジョーせーら
「それじゃ光太郎さん、次会うときは借金返済の時と願っているわ」

「おいおい、テンポが早いんだからも~う」





光太郎ジョー2
「ま、そういうわけだから光太郎、
また会おう!
お前とはGAROの擬似連で熱くなった仲だ!
ぶっちゃけ利子はいらねえからよ!
じゃぁな!」







そういうとジョーはセーラと共に
街の方角へ駆けていった。



















YviRmlptoSuMGFE1tXyKRt09PNyi光太郎
「ジョー・・・あいつ・・・・
俺の事ほんとに友達だと思ってくれてたのか・・・・



誤解しちまってたみたいだな、
この高貴な俺以外の人間は全員カス虫だと思ってたが

案外世の中ってのは暖かいのかもしれねえな、
















まあでも金は返さないで海外に逃亡しよっと」
















その時、光太郎の背後で聞き覚えのある声がした。



















「おやおや、こんなところにいたのですか」





















光太郎誰だ!?
「!?!?!?」

























ビルゲニア光太郎

「ビルゲニア・・・!!!!」









光太郎驚き
「友情嚙み締めたと思ったら
嫌味しか言えねぇ生物に遭遇するとはな!
何の用だ!?

大体おめえ草コインで失敗して公園生活かましてんじゃねえんかよ!?」








imageskou光太郎
「愚かな・・・・
それはただの噂ですよね・・・・

私がtwitterで呟かなくなったからってだけです。

相変わらず情報の精査もままならない情弱のようですね」





光太郎驚き
「お前ごときは精査する価値もないくらいどうでもいいってことだよカマ野郎!」






25c0df00光太郎
「相変わらず口の悪いお下品な方ですね・・・・

ではこれは知っていますか?


シャドウムーンさんがFXフルレバロングで借金を抱えてしまった事を・・・」






なんだこれは!?光太郎
「!?
な・・・なんだと!?

嘘をつくな!
あいつはFXのレバはするなと口を酸っぱくして言っていた!

そんな事するはずはない!」





説明光太郎
「するはずが無いと言われてもこれは事実です。

彼は最近のアルトの動きが鈍い事に焦ったのか知りませんが

なぜか突然FXをはじめ、そして焼き焦げた。

今は最後の別荘と小銭、そして莫大な借金を抱えた

社会の歯車の残骸です」





なんだこれは!?光太郎
「だ・・・・だからどうしたってんだ!?

俺はこれから一刻も早く海外へ行かなくてはいけないんだ!

大体信彦は俺を置いて1人創生王とかいうダボ助に師事

スロプロになった薄情者だ!

どうなったって知るもんかよ!!」




ビルゲニア光太郎
「そうですか・・・・

なら構いませんが、あなた1つ勘違いされてますね」






なんだこれは!?光太郎
「な・・・何をだよ!?」









説明光太郎
「彼からは口止めされていましたが
伝説のスロプロ、創生王に師事したのは光太郎、

あなたと共に勝つ為だったはずですよ。

それにあなただって最初は一緒に師事していたでしょう?

だから光太郎さんはBLACKになれる能力を身につけ
信彦さんはシャドウムーンになれる能力を
弟子入りする際手始めに身につけさせられたのですから」





ans-131273251光太郎
「そ・・・そういえば・・・!?」






説明光太郎
「最初は創生王は2人を弟子に取ったはずです。

しかしあなたがいくら教えても

ハイエナは即やめしないわ、小役は数えないわ

全く使い物にならないので3日でクビになったんでしょう。



その後もシャドウムーンはあなたと共に勝つ為に1人創生王に師事し

ノウハウを手に入れたけれど

あなたは前述の打ち方のせいでノリ打ちができず

結果今のように別々の道を辿ったんですよね」




なんだこれは!?光太郎
「だ・・・だからなんだ!!
あいつは創生王の後を継いだんだろ!

創生王は伝説のスロプロ・・・・
その能力の極意は運を操る事が可能で

絶対に負けない

無限のツキ
だ!

あいつは後継者としてそれを手に入れたんだ!」




説明光太郎
「・・・残念ながらそうではないんです。

シャドウムーンは最終的に創生王に破門されているんですよ」





光太郎驚き
「え!?」





説明光太郎
「創生王の無限のツキを受け継ぐには

人を捨てなくてはならない。

その為、創生王はシャドウムーンに最後の試練として光太郎、

あなたとの絶縁を迫ったのですよ。」





光太郎驚き
「ぜ・・・絶縁だと!?

してないじゃないか!

じゃあなんだってんだ?
あいつは俺と仲良くしたいが為に
永遠に稼げる能力、無限のツキを手放したってのか!?」






説明光太郎
「その通りです。

彼はあなたが今も負け組でいることになぜか責任を感じていますし

何よりあなたに友情を感じている。


だから創生王に破門されてまであなたとの関係を保ったのです。


もし、彼が無限のツキを持っていたならば

FXでも負けなかったでしょうね」









光太郎怒り
「ふ・・・ふざけんなよあの野郎・・・!!!

俺は信彦が億り人になったと聞いて無限のツキがあったとしても
稼ぎすぎてると感じたから
俺でもできると思い仮想通貨をはじめた。

しかしあいつは実力のみで稼いでいたってことか・・・!


てっきり無限のツキで余裕ぶっこいて

上から目線で優越感に浸りながら

通貨の説明をしてるんだと思ってたが


そうじゃなかったってのか!?


あいつは俺に単純な友情でこの俺に

通貨について教えてくれてたのか・・・・!!!!」




説明光太郎
「そういう事になりますね・・・

まあでもあなたには関係ない
fo7omtZR_200x200ko光太郎
「のぶひこおおおおおおーーーーーーーー!!!!」



まて!光太郎
「!?!?!?!?」




















へんしん!光太郎
「俺は馬鹿だ・・・・

ずっと卑屈になりあいつの友情に気付いていなかった・・・・


考えてみればあいつだけだ・・・
薄暗い店内で汗と敗北にまみれた俺に
いつだって優しく声をかけてくれたやつは・・・」
















変身!光太郎
「信彦・・・・!!!!!」









必ず勝つ光太郎
「な・・・・なんだこの力は・・・!?
草コインの仕手PUMPの様な激しい力だ!!

まさか光太郎にこんな力が・・・・っ!?」











光太郎1
「待っていろ信彦・・・っ!!!!

俺が必ず助けてやる!!!!

海外なんて行ってる場合じゃない・・・」




imag光太郎バイク
「俺がお前の分の借金を仮想通貨で返してやるぜ!!!」



そういうと光太郎はバトルホッパーに跨り
颯爽とシャドウムーンの別荘へと向かっていった。








25c0df00光太郎
「光太郎・・・・少しは成長しましたか・・・

ただの自己中のゴミ養分かと思いましたが・・・・
それはシャドウムーンが無限のツキを手に入れたと勘違いした事による劣等感が大きかったようですね。

あの力・・・友情と怒り、悲しみ、
どんな時もガチホを唱えるリップラーの様な悲哀、愛情を感じます。

彼ならもしかするとシャドウムーンを救ってしまうかもしれませんね・・・・


しかし私もヤキが回ったものです。

くだらない友情ごっこに付き合ってしまうんですからねぇ・・・・


ついでにもう1つ、お節介でも焼いてあげますかね・・・・」





そう言うとビルゲニアはスマホを取り出しtwitterに目をやった。



「光太郎さんに

インフルエンサーを紹介しましょうか・・・・















まずは

丸の内OLのマリバロンにでも・・・・」










こうして光太郎はシャドウムーンの為に

稼ぐ事を決意し、憔悴しているであろうシャドウムーンの元へ

向かうのであった。





光太郎の未来は・・・シャドウムーンのFXとは・・・

インフルエンサーマリバロンとは何者なのか・・・!?





つづく。
















ブログランキング参加中!!
1回だけでいいので押して貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
悩む前に押してください!!!!!!!!




関連記事
コメント
非公開コメント

僕は女子大生Fカップがいいなー
RXのキャラも続々登場してますね
ジャーク将軍やダスマダーもでてくるかな

2018-06-08 22:35 │ from 黒松教授URL

Re: タイトルなし

更新が遅くてすいません!
出す予定です!w

僕もそうですw

2018-06-09 00:19 │ from くもURL

トラックバック

http://pinkterahosisu.jp/tb.php/237-96644e71