店すら教えるパチスロ生活術 ホーム » パチスロの勝ち方 » 設定狙いで勝つ考え方を知ろう!

設定狙いで勝つ考え方を知ろう!


このブログでは、設定狙いで勝つ為のノウハウを全部出して、


ハイエナが苦手な人の、
少しでも役に立ちたいという風な意思の元はじまりました。


一人でも設定狙いの楽しさや、勝つ側になってもらえれば嬉しいです。


というわけで今回は設定狙いで立ち回るための前提を
自分なりに説明したいと思います。








1クリックだけでいいのでお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
なにとぞワンクリックお願いします!!!!





■店選びが一番大事

そしてこれがもっとも見つけにくい情報だと思います。



攻略誌などで解析は載っていても良い店というのは当然載っていませんし
攻略サイト等でも勝てる店は基本載ってはいません。



だから設定狙いっていうのは店を知らない方からすれば
勝つのが相当難しいものになってしまっているのが現状だと思います。
ハイエナブログが流行るのは当然ですよね。

店を適当にチョイスして打てば
大体が低設定しかない店なわけで、
そこでいくら設定狙いしても
絶対に勝てないわけですから、やんなっちゃいます。

自分も負け組だった頃は
どうでもいい糞店でデータ取ったりしてましたw
おそらく全部1なのに、です。
当然打つと財布と心はボコボコにされていました。



権力者集団

負けてるとこんな妄想すら浮かびますよねw




なのでどんな努力しても
店選びがダメだと全てダメになってしまう。
なので店選びが一番重要なのです。




だからこそ、このブログでは店を紹介しています。
さらに今後もうちょい人気が出てきたら調査して欲しい店に行き
勝てるかどうか分析とか、そういうのもしてみたいですね!
だいーーぶ先になるかもしれませんがw









■透明感のある状況で打つ。


これは打つだけで期待値があるかどうかということになります

詳しくは
http://pinkterahosisu.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

パチンコの様に釘で打つ前に良いか悪いかある程度分かればいいですが
パチスロではそうはいきません。
そこで機種6や、全6コーナーがある、
という前提条件の元打つのが最善策となるわけです。

もしくは狙い台を絞って自分の中でほぼ当たりだとか、
ガックンしたらほぼ高設定、
そういう店で打てれば当然ですけど勝てるわけです。






■設定6を捨てても良い


何が何でも徹底的に判別して、粘り倒す
というのも狙い台がしっかりあるとかなら良いかもしれませんが

出玉的にも判別要素的にもイマイチ反応しなかったらやめたっていいんです。

結構気にしてない人が多いですが
機械割も設定判別要素の1つなんです。

なので2万使って出なかった時点で
6の可能性が下がっているという感覚を持つことが大事です。

それに加えて判別要素が中間程度だとすると
6の可能性はかなり低くなると思います。

判別要素が中間くらいで出玉もない、
もちろん確率的には6の可能性もありますがそういう状況で
6だった事って自分は無いです。


また、こういう状況で毎回引っ張られると
もし6だったというケースがあったとしても

低設定を長く打つ事が増えてしまうので
ツモ率が良くない月なんかはガッツリ負けてしまいます。





反応する台だけ打ち、反応しない台は捨ててもいいから見切っていく。




6を捨てても少しは6を打っていたということになるので納得する。


こういう考え方を持つと
もし6を捨てても気持ちがブレにくいですし


座った台に対して執着心が無くなるので
無駄な打ち込みが減り収支も安定します。





ちょっと人によっては難しい感覚かもしれませんが
何がいいたいかというとこれは結局




6を捨てる恐怖というのを無くして欲しいということなんです。


この恐怖心に捕われるとほんっとに良い事は何もありません。
いわゆる不調に陥るパターンの1つなので




恐怖心を無くし、自信を高める




これがギャンブルで勝つ大事な部分なのです。




ちなみにいくら見切るといっても300回転で捨てるとか
そこまで早くということではないです、
店の状況も加味しつつ、6は薄いけど45はありえる
そんな状況なら辞めても良いかも、
という話です。









■店にあるのは全て設定1


まずそう思ってください
(5.6以上なら2ベースが普通ですがここでは考慮しません。)

とにかく1


1,1,1,1,1!!!!

1のオンパレード、それが店の実態だと肝に銘じてください。

意外と負けている人と話すと
「4くらいはあったと思う」

「多分あれ6だったわ」

というような話を良く聞きますが





全部1だと思ったほうがいいです。




負けている人というのは当然平常営業で
何の状況も加味せず打つのが基本です。
そんな平常営業で6なんてまずありえないと思うべきです。




いや、もしかしたら6だったのかもしれません、
それは分からないブラックボックスではありますが




全部1だと思っていたほうが間違いがないのです。

つまり打てば負ける。

示唆が何もない店で高設定の可能性がある、
といって打つのは1年に1回もツモれない
負ける立ち回りなので辞めた方がいいです。




これは負け組だった頃の
自分の経験による教訓なのです。



とにかく近所の店は全部1だと思ってください・・・!!




それを心から理解する事が勝つ為の第一歩なのです!





結構他記事でも重複してることもあるかもしれないですが
こういう考え方に変えるということが


設定狙いで勝つ為にとても大事な事なので
覚えておいて損はないかなと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました!



ではまた!

ブログランキング参加中!!
1回だけでいいので押して貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
ブログ存続の為にお願いします!!!



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pinkterahosisu.jp/tb.php/20-5c3a7d5b